世界柔道選手権では個人戦が終了し、今夜は団体戦が行われます。

東京オリンピックでも正式採用された団体戦。

目が離せません。



個人戦:男子
60kg級  高藤直寿選手 優勝

同級3位に永山竜樹選手

66kg級  阿部一二三選手 優勝

73kg級  橋本壮市選手  2位

81kg級  藤原崇太郎選手  2位

90kg級  長澤憲大選手 3位

100kg級  ウルフ・アロン選手  5位

100kg超級  原沢久喜選手  3位

同級3回戦敗退で小川雄勢選手


女子
48kg級  渡名喜風南選手  2位

52kg級  阿部詩選手  優勝

同級2位に志々目愛選手

57kg級  芳田司選手  優勝

63kg級  田代未来選手  2位

70kg級  新井千鶴選手  優勝

同級3位に大野陽子選手

78kg級  濵田尚里選手  優勝

78kg超級  朝比奈沙羅選手  優勝

女性陣の活躍が目立った2018年バクー世界選手権大会個人戦でした。



先日、ドリルをさせていて気づいたことがあります。

4マスに『 べんとう』と書くべき答えのところに

普段言っている『“お”べんとう』の“お” を最初に書いてしまい

 軽くパニックになっていたことがありました。

これは『おべんとう』 だからマスが少ない!

と言うジンの気持ちも分からないでもない。

D7ECB481-B448-4F15-8098-6C402B50B5B2

お手紙、お洋服、お布団、お昼寝、お手伝い、お掃除、お茶碗、お箸、お当番さん…などなど

幼児に対して飛び交う奇妙な日本語を挙げればキリがありません。

幼児に丁寧語として教えているであろう日本語使用に、いささか問題があるのでは?

と思います。

が、逆に赤ちゃん語から入って言葉が理解出来るようになるように

いわゆる幼児語から入って会話が出来るようになる

という見方もあるかもしれません。

すでに保育園では“お”を使った言葉が常態化しているワケですから

ことさら指摘することもないかなと。

まっ、ただのオヤジの独り言ってことで。


ではまた! 


 にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村



小倉東少年柔道クラブでは新入部員を随時募集しています。
今現在、幼児、小学生、中学生、大学生が稽古に励んでいます。
興味のある方はメッセージもしくはコメントいただくか、直接見学にいらしてください。
場所:田原中学校 柔道場
住所:福岡県北九州市小倉南区田原5-1-1
毎週月・水・金 19:00〜21:00まで
スポンサードリンク