一番最初、有害鳥獣駆除へ同行させてもらった時、正面からイノシシが突進して来ました。

ちょうど僕は先輩猟師の後ろにいて、狙撃シーンが目の前で見れたので

その時は興奮が収まらない状況ではありましたが

冷静に考えてみると、もし自分に向かってきていたら

大怪我を負っていたかもしれません。

猟銃を持っていれば躊躇なく引き金を引いていたでしょうが

丸腰である恐ろしさを感じたワケです。

そこで、もしもの時の武器として、また止め刺し用として

何かいいナイフがないかと色々調べていたらJPSikaHunterさんの

YouTubeチャンネルに行き着きました。

このお方は普段はお医者さんのようですが、猟期はエゾシカハンティング

猟期以外は渓流釣りやブッシュクラフトをされてる方で

ものすごくナイフに精通されてるので、どれがいいか質問すると快く教えて頂きました。

MACV-SOGナイフがいいと…。

調べてみると

MACV-SOG(Military Assistance Command Vietnam-Studies and Observations Group) とは

南ベトナム軍事援助司令部付研究、観察グループの略でした。

研究、観察グループというと聞こえはいいですが

任務は敵情視察や捕虜の奪還、誘拐や暗殺といった特殊部隊が使用していたボウイナイフの

レプリカモデルだそうです。

バークリバーのディーラーでもあるdltトレーディングのホームページで確認してみると

一発で気に入り即購入。

アメリカからやって来ました。

FullSizeRender

税関手続きの為、内容点検開封済のシールが貼ってありました。

税関もでしょうが、きっとシャブ的な変なのも入れてないか検査したのでしょうね。

こうしてブログを更新出来てるってことはセーフってことです!笑笑

FullSizeRender

早速、開けてみると

FullSizeRender

こんな感じ。

なかなかカッコイイナイフでした!

長くなったので続きます…。