警察庁のホームページに興味深いデータがありました。

平成30年における行方不明者の状況について

23C496EC-69A7-4B4D-943E-168AE4D8CE39

特に注目すべき点は

9歳以下の行方不明者が増加傾向にあるということです。

10歳代の行方不明者が最も多いのは、分からなくもないですし

わざわざ説明するまでもないでしょうが

9歳以下となると、自分の意思のみでの失踪というのも考えにくいんですよね。

となると、犯罪に巻き込まれた可能性が高い

と考えるのが、自然だと思うのです。


また昨今のSNSの発達で、想定外な接触もありますから

連絡手段としてのケータイ、スマホが時に仇になることもあると思うんですよね。

それだけでなく

親がスマホに夢中になってる隙に、白昼堂々と子供を連れ去るケースもあるようで

僕も気を付けないといけないと、改めて思いました。


ありがとうございます。

ではまた!
 
スポンサードリンク