冷やし柔道はじめました!

福岡県北九州市小倉で柔道に励んでいる幼児の成長記と雑記をボチボチ書いていってマス。

猟師

先輩猟師が教えてくれたこと!

よく狩猟系YouTubeやサイトに

イノシシは南側の温かい場所で寝る

とよくあるけれど、それは間違い。

冬場の寒い日でも北側で寝てることが多い、と

先輩猟師は言います。

続けて

人間の価値観で判断したらいけない。

イノシシはエサを求めて動くわけだから、エサが多い場所で寝ることが多い、と。

本州の方はどうか分かりませんが、九州では熊が絶滅しているので

イノシシの天敵といえば猟師と野犬くらいじゃないでしょうか?

その猟師も山に入らなければ、イノシシにとって天敵がいないと同然だし

野犬もリスクを背負ってまでイノシシを襲うのは考えにくいです。

そう考えると豊富なエサ場で腹いっぱい食べて寝るというのは

至極自然な考えだと思います。


先日も書きましたコチラの場所。

IMG_2513

良質な腐葉土にミミズや昆虫、あとはドングリなども転がっていました。

この付近で実際2頭出ましたし、何度も仕留めている場所でもあります。

こういった一級ポイントはイノシシが居なくなっても

またどこからか入ってくるそうです。

IMG_2523

僕ら年を取るとなぜか偏屈になったり、理屈っぽくなったりします。

そしてそれを気づかないうちに他人へ押し付けようとしています。

昔からこうだったから、だとか、誰々がこう言っていたからだとか
 
意固地にならずに

一呼吸おいて冷静になって考えることも必要なのかもしれませんね。 

へんこったれ!(偏屈な親父っていう意味)と言われないようにね!(笑)


ありがとうございます

ではまた!


にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村



小倉東少年柔道クラブでは新入部員を随時募集しています。
今現在、幼児、小学生、中学生が稽古に励んでいます。
興味のある方はメッセージもしくはコメントいただくか、直接見学にいらしてください。
場所:田原中学校 柔道場
住所:福岡県北九州市小倉南区田原5-1-1
毎週月・水・金 19:00〜21:00まで

獲物から解体、そして精肉へ

先日、有害鳥獣駆除で仕留めた小さなオスのイノシシ。

 IMG_2309

肉の鮮度を保つため、まずは内臓を取り出します。

少しずつ皮を切っていくと、怒涛の如く腸が溢れて出てきました。

ハツ(心臓)とレバー(肝臓)を取り出し、通常であれば内臓がないぞう状態のイノシシを

水につけて体温を下げるのですが

小さい個体ということもあって、そのまま解体場へ。


まずは先ほど取り出した新鮮なハツとレバーを適当な大きさに切って

焼肉のタレで焼くというより炊きます。

IMG_2310

これが必殺の猟師飯!

市販のレバーだと調理前に血抜きだの臭み抜きだのするでしょうが

そんなことをする必要が一切ない臭みの全くないレバハツ炒めの完成です。


それから猟師見習いの僕が皮むきから部位ごとに切り分け、精肉後がコチラ。

IMG_2322

元々、脂が少なかったのですが、脂を残して切り分けるのが難しい…。

まぁ、これも慣れなんでしょうが、見習いは全てを見習わなければいけないので

覚えることがたくさんあって大変ですね。

てか、これだけの肉どうしよう…。

食べるのも大変だな。。。


ありがとうございます

ではまた!


にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村



小倉東少年柔道クラブでは新入部員を随時募集しています。
今現在、幼児、小学生、中学生、大学生が稽古に励んでいます。
興味のある方はメッセージもしくはコメントいただくか、直接見学にいらしてください。
場所:田原中学校 柔道場
住所:福岡県北九州市小倉南区田原5-1-1
毎週月・水・金 19:00〜21:00まで